【産学連携】久保田酒造株式会社へ梅の実の納品を行いました(梅酒「翠想」製作)

5月31日月曜日に、本学オリジナル梅酒「翠想」製作における梅の実の納品を行いました。

例年では、学生が梅の実を納品し、1つずつ手作業で実の黒いヘタを取り除き、洗浄作業を行っていますが、今年度は、感染症拡大のため、連携教育推進課の職員が久保田酒造へ納品致しました。

今後は感染拡大の状況を鑑みて、学生が作業を行う予定です。

なお、瓶のラベルデザインは生活デザイン学科の学生が作成しています。

 

♦仕込みが行われた梅の実♦

 

♦酒蔵の様子♦

     

梅酒は、9月に瓶詰めの作業を行ったのち、ボーノ相模大野2Fのさがみはらアンテナショップ「sagamix(サガミックス) 」にて販売予定です。