夢をかなえるセンターは、学生が教養や主体性を身につけるための学修支援プログラム「Sagamiチャレンジプログラム」により学生を支援しています。


本学では、次のとおり「キャリア形成支援ポリシー」を定め、正課(各学科での学び)で身につけた専門的知識を活用し、正課外(授業以外の活動)において主体的に学ぶことができるプログラムを用意しています。

相模女子大学・相模女子大学短期大学部は、「社会との関わりの中で積み重ねる全ての経験を通して、社会と自分自身をしっかりと見つめ、自らの進む道を見つけ出し、人生を前向きに生きてゆくこと」を「キャリア形成」と位置付け、学生が主体的に「キャリア形成」をするための「学びの場」を提供し、そこでの活動を支援します。

このポリシーのもと、教職員一丸となって学生のキャリア形成を支援しています。

Sagamiチャレンジプログラムとは?

本学では、学園スローガン「見つめる人になる。見つける人になる。」のもと、「しなやかな発想力と豊かな包容力を身につけながら、未来を、社会を見つめ、道を、答えを見つける人になる。」そのような人材を育成することを教育目標に掲げています。
「Sagamiチャレンジプログラム」は、このような教育目標に則り、学生のみなさんの「キャリア形成」を支援するプログラムです。

PDCAサイクルの一例

P(Plan):目標設定

活動報告書やキャリア☆カフェ、ユメカナ★カフェ等の各種カフェを通じて活動に対する目標を設定します。

D(Do):実践

設定した目標を達成するため、学内外において様々な活動を実践します。

C(Check):振り返り

活動報告書等によって活動の内容を振り返り、目標をどの程度達成できたか・発見した課題はなにかを確認します。

A(Action):スキルの補強

キャリア☆カフェ等によって、振り返りで発見した新たな課題を解決するためのスキルの補強等を行います。

関連サイト

夢をかなえるセンター(相模女子大学・相模女子大学短期大学部ホームページ)